上海




 一時的に羽染が独逸から上海勤務になることになった。
 それを知ったのは、有馬が山縣の家に出かけた時のことだった。

「なんだお前、羽染から聞いてないのか?」
「……無いっす」
「大分近いだろう、上海なら直通便が有るし」

 隣で朝倉が、白ワインを飲みながら言う。

「保科様の帰国にあわせてだからな」

 山縣のその言葉に、有馬は顔を上げた。

「俺、上海に行きたいです!」
「でも羽染に呼ばれてないんやろ?」

 からかうように朝倉が言った。

「……有給取ります」
「冗談や。行ってきな」

 苦笑するように朝倉が言うと、頷いて山縣がチケットを手渡した。

「それが終わったら、暫く羽染はフリーだし。お姫様を迎えに行ってやれ」

 その様にして、有馬は上海に出かけることとなった。




住凡天ジュージーティエン?」

 やばい、何言ってんのか全然分からない。
 ホテルで有馬は、引きつった笑みを浮かべていた。

 上海に来ることを羽染には伝えていなかったから、羽染が近くにいるということだけを頼りに、有馬はここへとやってきた。しかしほぼ実費で来たので、英語が通じるホテルは取れなかったのである。

「えっと……」

 有馬が狼狽えていると、隣にスッと立つ人物がいた。

住一天ヂューイーテェン

 驚いて顔を上げると、そこには会いたくて仕方がなかった羽染の顔があった。

「羽染……」
「一泊で良いだろう? 明日からは、俺の所に来ればいい」

 照れるようにそう言った羽染の顔を見て、思わず有馬が抱きしめる。

「何泊でも良い! 会いたかった」
「ちょ有馬、離せ!」

 慌てたように羽染が有馬の体を押す。
 我に返って有馬が離れた。

「あ、悪い。つか、どういう意味なんだ?」
「住凡天は何泊するか、住一天は一泊」
「お前、独逸語の他に、上海の言葉も話せるのか?」
「ビジネス会話くらいはな――だけど吃驚した。何で有馬が此処に? 山縣大佐から、有馬が此処にいるって聞いて本気で驚いた」
「そんなもん、お前に会いたかったからに決まってるだろ」
「……有馬」
「会えないのが仕方ないのは分かってる。だけどな、会いたくて会いたくて仕方がなかったんだよ」
「それは、俺もだ。だけど……何で俺が上海にいるって知ってるんだ? 一昨日急に上海に派遣されていた外交官が病欠したから、丁度保科様が帰宅するところだったから、俺が回されたのに……」
「え? 山縣さんが教えてくれたけど」
「そうか……」

 もう何も言うまいと羽染は思った。

「とりあえず食事にでも行くか?」
「ああ。羽染、喋れるんだし、オススメ教えてくれよ」
「なにが食べたい?」
「肉」
「分かった」

 その様にして、二人は食事に出かけた。

「ええと――大排、面巾寒肉、菜飯」

 適当に羽染が頼む。

「てかお前何で喋れんの?」

 有馬が問うと、羽染が溜息をついた。

「適当にガイドブックを見ただけだ。肉類とチャーハンみたいなものを頼んだだけだし」
「十分だ。へぇ、だけどすごいな」
「すごくない」
「すごい」
「何が?」
「惚れなおした」
「っ」

 羽染が照れるのには構わず、運ばれてきた酒を有馬が手に取る。

「外交官になるの夢だったんだろ?」
「ああ……」
「向いてると思うよ」
「有馬にそう言ってもらえるのは、悪い気がしない」
「応援してるけど、俺は正直寂しいけどな」
「っ」
「ずっと側にいたいからな。本音を言えば」
「有馬……」
「だけど俺はお前の足かせにはなりたくない。そうなるくらいなら、俺が勉強してお前の側に行く」
「――俺だって同じ気持ちだ。お前が朝倉大佐の所で頑張ってるのを知ってる。聞いてるだけだけど」
「うん。俺は俺なりに頑張る」
「有馬」
「羽染。離れてたって、俺達はいつも一緒だろ?」
「ああ」
「それで十分だ」

 有馬がそう言った時、食べ物が運ばれてきた。


 二人がホテルへと戻ったのは、十時ごろのことだった。

「少し飲み過ぎたな」

 熱くなった頬を、手で扇いでさましながら、有馬が呟いた。
 羽染はぐったりと寝台に体を投げ出している。
 その姿を見て、有馬はギシリと羽染の体を挟むように両手を突いた。

「羽染」
「なんだ……」

 同様に酔っている羽染が、赤い顔を向ける。
 二人の視線が交わった。

「好きだ」
「……俺だって、好きだ」
「明日の仕事何時からだ?」
「無い。明後日、外交官主宰のパーティがあって、それが終わったら、帰国する」
「じゃあ、今日は――……」

 有馬はそう呟いてから、羽染に口づけた。

「ん……っ」
「一緒にいられるんだな」

 そういって有馬が、羽染のシャツのボタンを片手で外していく。

「……有馬」
「ん?」
「幸せ、だな」
「何言ってんだよ、今更」

 有馬はそう言って羽染の服を脱がせ、斜めに走る傷跡に指で触れた。
 びくりと羽染の体が跳ねる。

「俺は今でも後悔してる、お前を斬ったこと」
「ごめん、有馬」
「違う、そう言うんじゃない。だから、謝るなよ」

 そう言って有馬は、傷の跡に口づける。

「失うと思ったら、失ったと思ったら、どうしようもなく怖かった。だけど、お前が生きていてくれたから尚更思うんだ。――あの時、俺はとどめを刺すべきだったんじゃないかって」
「っ」
「だけど出来なかった。そんな弱い自分のことに、俺はでもな、後悔してないんだよ、お前との約束を破ったのに」
「有馬」
「お前のことがどうしようもなく大切なんだよ、愛してるんだ」

 有馬はそう告げると、再び羽染の唇を奪った。舌と舌とが絡み合う。
 息苦しくなって羽染が、有馬の肩を押す。
 だけど逃れようとする羽染を、有馬は許さなかった。
 追い詰めるように舌を噛み、抱きしめる。

「ん、ァ」

 唇が離れた時、羽染が荒い息を吐いた。

「なぁ羽染。俺は嘘をつくのは大嫌いだし、約束を破るのも嫌だ。だけどな、それでも、お前とずっと側にいられるんなら、何でもしたいんだよ」

 その言葉に、ぼんやりとした思考を振り払いながら、羽染が微笑んだ。

「――……俺もだよ」



 二人が帰国した時、空港のラウンジには山縣と朝倉がいた。
 到着便から降りたところで、朝倉達からメールをもらった有馬が、不機嫌そうな顔で、羽染を連れて、そのラウンジへと顔を出す。

「どうだった、二人っきりの上海は?」

 山縣が意地悪く笑ったのを見て、羽染が嘆息する。

「あちらの諜報部とは密約を結んできましたけど」

 淡々としたその声に、驚いて有馬が顔を向ける。

「ご苦労、優秀な部下を持って俺は幸せだ」
「イギリスでMI7とやりあってる久阪にその言葉はかけてやって下さい」

 溜息をつきながら羽染が、朝倉の隣に座る。

「羽染も大変そうだね」

 朝倉が笑うのを眺めながら、有馬は山縣の隣に座った。

「有馬ぁ、羽染に色仕掛けさせない俺を敬っても良いぞ」
「え」
「山縣少将、根も葉もないことを有馬に吹き込まないで下さい」

 羽染が断言したのを見て、朝倉がクスクスと笑う。

「羽染は有馬一筋だもんね」

 その声に、羽染はカップを静かに手にとる。コーヒーが揺れている。
 以前ならば、カップを取り落としているところだ。

「悪いですか?」
「「わぁ、惚気」」

 朝倉と山縣の声が揃うと、有馬が首を傾げた。

「どの辺がですか? 事実でしょう?」

 有馬の言葉に、山縣が辟易するような顔をした。

「朝倉、こいつらどうする?」
「とりあえず東京湾に沈める候補だよね」


 それが彼等の日常だった。
 新たなる、日常だ。
 幸せな日々は、続いていく。
 続いていくのだ。