諜報部奇譚――朝倉継通への覚書――



 朝倉は白ワインが好きだった。そして山縣は赤ワインが好きだ。だから山縣のことを一人想う時、時折朝倉はあえて赤ワインのコルクを抜く。

 珍しく自宅で仕事用のPCを開きながら、たった一人の大切な親友のことを想う。

 そう、親友。

 あの山縣を相手に、親友という位置に陣取れただけでも誇れることだと朝倉は考えている。山縣は本当に喰えない。彼の目を見ていると、眼光に飲まれそうになることがある。朝倉が気圧されることなど滅多にないというのに、それをさも自然のごとくやってのけるのが山縣だった。

 そうでなければ。

 山縣寛晃という人間が、それ未満の矮小な存在であったならば、興味などわきはしない。
 白ワインをぐいと大きく一口飲んで、朝倉は左手で頬杖をつきながらモニターを見た。

 山縣と出会ってからだ。人は一人では生きることが出来ないのだと実感したのは。

 そんな情感を伴う程度には、朝倉は山縣のことが好きだった。例えば山縣が羽染を欲すれば、代わりに羽染を己が手に入れてもいいなと思う程度には、だ。

 朝倉には、守りたいものがずっと分からなかった。他の友人だと嘯く人々と山縣の違いが分からなかった。ただしその両者には、決定的な溝がある。なお、そして己と山縣の間にあるのは壁だ。

 ただ――……もう引き返すことは出来ないとある日悟った。

 守りたいものが分かった。それは故郷でもなければ国でもなかった。たった一人の友人だった。友人という名前を付けるには、その存在が大きすぎて、親友だと口にしてみる。なのにしっくりとは来ない。

 では、山縣寛晃という人物は己にとって何なのだ?
 そう自問自答した時、壁の存在理由に気づいた。

 感情を無くした振りをして、愛という激情を押し殺し、生死にのみ関心を払ってきた朝倉は、その日、感情的になることは何も恥ずべき事ではないのだと改めて理解したのだ。その過程は、実に簡単だった。

「やぁ、朝倉大佐」

 仕事帰りのある日、正面に車が止まったのだ。
 それは、羽染が山縣の副官になってから、数年後のことである。第四次世界大戦が起きる前だった。正確に言うならば、第三次世界大戦が終結し一段落した頃だった。少将への内定を告げられたその日、声をかけられ立ち止まると、驚く顔が現れた。

「榊中将?」
「今は元帥だよ」
「……退役したと山縣からは聞いておりました」
「まぁ二重軍籍なんて有って無いようなものだからね」

 若々しく変わらない榊中将の姿に、朝倉は微笑しつつも冷ややかな感情が浮かんでくることに気づいていた。それは仕事上の理由かも知れなかったが、山縣は自分に嘘を吐いていたわけだ。彼がたった一人慕って見せた上司が、今は不在なのだと。

 ――だから頼れるのは、お前だけなんだ。

 そう続いて響く山縣の声は、朝倉の妄想に過ぎなかったが、そうであれば良いと願った過去と今がある。山縣にとってのただ一人になりたかった。山縣を支えられるただ一人に。

「息子が世話になったね」
「え?」
「私はね、本名を羽染晴親と言うんだよ。良親の父親だ」

 何とはなしに響いた苦笑混じりのその言葉に、朝倉は息を飲まずにはいられなかった。
 羽染元外務大臣代理のことならば、羽染良親の身辺調査をさせたこともあるからよく知っている、そのはずだった。今となっては山縣が嘘を吐いたと分かるわけだが、二人で羽染の父親についての話をしたこともある。通りであの時、まるで見てきたかのように語ったわけだ。そして、二重軍籍、か。

「私は別に報復されるほど世話をしたつもりはありませんが」
「そう言う意味合いじゃないよ。嫌だなぁ。本当に感謝してるんだよ、父親として。良親は良い上司に恵まれた」
「羽染は貴方の生存とお立場を知った上で諜報部に?」
「両方とも知らない。知らせる予定も今のところは無い」

 きっぱりと断言した晴親の強い眼差しに、朝倉は目を細めた。
 ――それは、仕事上の理由か?

 意地悪く聞いてやりたくなる。しかしそのカードは取っておくことにした。彼を除けば、他に山縣が執着を見せる者の中で、気になる存在など無いに等しい。山縣は仕事柄、変わった知人がおおいのは知っているが、それはあくまでも知人である。皆が友情を得ているわけではない。

 だが、羽染晴親は、山縣にとって、ただの知人でも、ただの上司でもないだろう。けれど友人ではない。そして。最も重要なことに、晴親と山縣の間にある名伏しがたい関係性の名前は、己と山縣の間にあるものとは事なり『親友』とは名付けられないのだ。

「では何故私に、そのお話を?」
「うん。山縣君にね、少し大きな仕事を頼みたいと思っていて」
「その仕事と私に何か関係が?」
「君の父親の暗殺さ」
「――……父を?」

 朝倉の父は高齢だった。先進医療の恩恵を受けているから、弱い百二十を既に超えている程だ。意識こそ清明であるし、まだそれ相応に権力も持つ華族だ。父がいるからこそ、朝倉はまだ軍の、今だけは本人にとってはぬるま湯に浸っていられる。

 その父親が死ねば、当然朝倉家を継がなければならない。

「私に何故その話を? 私がそれを聞いて黙っているとでも?」
「山縣君が失敗するとは思えない。後でそれを知るよりは良いかと思ってね」
「余計なお世話、と言うのを、私は久しぶりに見ました」
「問題は山縣君が君のお父様を殺す事じゃない」
「ではなんです?」
「君が、もう山縣君の側にいられなくなってしまうこと何じゃないかと思ってね」
「どういう意味ですか? 確かに朝倉の家督を相続すれば、私は軍を離れることになりますが、私と山縣の友人関係は互いの責務を理由に揺らぐことはない。私が阻止に成功せずとも、後に和解できる程度の付き合いにはあります」
「うん。無理だと思うよ」
「私と山縣の関係の何が分かるおつもりなんですか?」
「私もね、大丈夫だと思って離れてみたことがあったんだよ、大切な者から。うん、やっぱりダメだね、輝けなくなる」
「お話が見えません」
「ねぇ朝倉君。私が山縣君に暗殺の命を下さなくて良いように、お父上にあることを進言してもらえないかな?」
「内容によりますが、そこまで私と山縣の関係にご配慮頂けるのであれば、別の人間に暗殺を命じて頂けますか? 返り討ちに致しますので」
「山縣君じゃ返り討てない?」
「話しをすり替えないで下さい」
「手厳しいな。だけどねぇ、今の情報部で山縣君以上の暗殺玄人は一人しかいないし、君の友人だからこそ怪しまれずに近づくことが出来るという理由もあるしね」
「私に話している時点で全てが無意味になっているんじゃありませんか?」
「無意味にしたいんだよ、正確には。私は無駄な死を重ねたくはない。だから全ては君次第なんだよ。朝倉君、君は山縣君が大切かい?」
「相応には」
「ではお父様のことは?」
「それも相応には」
「良親にそう答えられたら、私は泣くよ」
「今まで放っておいて随分と勝手ですね」
「胸が抉られた気分だよ……まぁ、それは事実なんだけどね」

 そう口にした晴親は、どことなく寂しそうに見えた。ただそれでも笑っていた。

「それで、父になんと進言しろと言うんです?」
「天皇制廃止を唱えないように。君のお父様が代表する最大派閥さえ断念してくれれば、この国に天皇制は残る」
「矛盾していますね。士農工商はすでに撤廃されていますし、廃藩置県も近々議決されると決まっている。身分制度の名残をなくすことこそが、あなた方の目的の一つではないのですか?」
「絶対王政という意味での天皇陛下はいらないんだよ。ただし、この国の日の丸を背負う象徴がいる」
「それは民主主義へと転じ、国民が選択した首相の背負う旗となるはずですが?」
「それじゃあ困るんだよ」
「何故ですか?」
「コロコロコロコロ変わる政治家じゃ意味がないんだ。常に一定、安定した一本柱が外交には必要なんだよ。もしも次ぎに大戦が起きた時、議会が解散中だったらどうする? 誰かが交渉しようとして、その窓口はどこになる?」
「それはその時々の指揮者でしょう? その指揮者が可変なのは仕方がないことではないですか?」
「仕方なくないんだよ。陛下にはこの国の象徴になってもらいたいんだ」
「それは私情ではないのですか? 会津藩は今代天皇と懇意にされていると伺っていますから」
「そうとって貰っても構わないよ。はっきりいって情報部を優遇してくれる天皇陛下を私は大切だと思っているよ」
「情報部、笑ってしまいますね。何が情報ですか。諜報部と堂々と名乗ればいい。あなた方はシステムエンジニアではないのだから」
「SEになりたかったな、どちらかといえば」
「そうであれば羽染ももう少し幸せな人生だったかも知れませんね。私は友人に直接手を下すことはないですが、嘗ての部下を歯牙にかける事ならば可能かも知れません」
「ようするに、君に進言を断られて山縣君を暗殺に差し向けた場合、朝倉君は良親に手を出すと言うこと?」
「ええ、そう言うことです」
「ここで私が君を手にかけない保証はないし、それに――……私が良親を見捨てる選択肢を常に持っているとしてもかな?」
「勿論です」
「そこまで進言するのがいやなの?」
「いいえ。言うだけで構わないのであれば、飲みますよ」
「どういう意味?」
「父親という名前を得ている男が、私の言い分を聞くとは思えないだけです」
「親子仲が悪いという情報はないけれど?」
「外聞が悪いですからね」

 そんなやりとりをした嘗てが、確かにそこにあった。



 その数日後。

 ――君を、僕は受け止めてあげたかった。
 山縣が好きな赤ワインのコルクを引き抜いて、朝倉は自分は純情だと嘲笑う。

 嗚呼、覚悟した。理解した。自覚した。
 軍服の上着を椅子の上に投げ捨てて、一人笑う。嗤った。

「僕は、山縣のことが好きだ」

 それが朝倉のアイデンティティを確立させる。
 ここには、そう二人しかいなかった。

「……あ?」

 拳銃を弄んでいた山縣は、何とはなしにそれを朝倉の方へと向けながら口を開いた。
 突然の告白。何事かと思う。その『好き』の意味を、知りたいようで知りたくはない。
 山縣の中に、朝倉にすがるという選択肢は無かった。

「今更なんだよ?」

 二人の間にある関係の名前は、”親友”だ。それは揺らがないと、山縣は確信していた。
 しかし、ニヤリと口角を持ち上げる。

「お前が俺を愛してることなんて、とうに知ってる」
「分かってないくせに」
「青臭いこと言ってんじゃねぇよ。で? 何が欲しいんだ? 目的は?」
「喉の渇きを埋める欠落感の消失を僕は望む」
「それ、俺がお前にやれるものなのか?」

 かちかちと銃を弄りながら山縣が言う。
 朝倉は、音を立ててワインのボトルを置くと立ち上がった。
 ずるい世界がもたらす虚無感にセンチメンタルな気分になりながら、山縣にただ歩み寄る。

「昨日、羽染元帥にお会いしたよ」
「――身分を明かしたのか?」
「うん。亡くなった羽染外務大臣代理が、榊中将――今は、元帥だと聞いた」
「なんでまた?」
「山縣。お前に、僕の父親の暗殺を命じたくはないからだと言っていたよ」
「お前の父親の暗殺? そんな話し俺は……へぇ。俺に命ずる前に、お前にね。全く無意味なことをすることもあるんだな、あの人も。俺じゃあお前へのカードにゃならんだろうにな」
「そうでもなかった」
「と言いますと?」
「僕は、父に連絡を取ることにする」
「俺に殺されるのが嫌だからか。ま、俺がミスる事はあり得ないからな」
「ああ、山縣に殺されるのが嫌だからだ。その後お前に連絡を絶たれるのが一番怖い」
「それで俺への恋心を自覚したって?」
「うん、そう」
「嘘が下手になったなァ、朝倉ァ」
「どうして?」
「だってお前、もうずっと俺のこと好きだっただろ?」

 それは事実だった。だがこうもあっさりと口にされると、苦笑しか浮かんでこない。
 赤ワインを飲めば、口の中で血の味がした。
 朝倉は、山縣の煙草の箱をたぐり寄せた。そして勝手に一本抜き取って、口へと含む。

「本気で言ってるのかい?」
「少なくとも俺の、最後に付き合ってくれる程度には、お前は俺のことを愛してる。そう思いたい、そんな時代に俺達は生きてる。違うか? 俺を愛せよ、朝倉ァ」
「お前の愛してが僕には、殺して欲しいと聞こえる」
「それでいい。そうやって藻掻きながら苦しむのが俺達にはお似合いだ」

 山縣はそう告げると、朝倉の額に銃口を押しつけた。
 オイルライターで慣れない煙草に火をつけながら、朝倉は表情を崩さない。

「本当は、僕を殺せっていう命令を受けていた。正確には僕を人質に、父を脅せと」
「ああ、そうだ。分かってて、俺の前でそんなに無防備でいていいのかよ?」
「山縣、君は、僕を殺してしまいたいくらいには、僕を愛していてくれるのかい?」
「俺は愛した奴には優しいぞ。手にかけたりしない」
「じゃあ僕の命は保証されてるな」

 朝倉のその言葉に、山縣は銃を下ろした。
 そんな山縣の手首をきつく掴み、朝倉は目を細める。ギリギリと締め上げられる感覚に山縣は嘆息した。

「そろそろ終わりにしよう。これまでの生ぬるい関係を」
「俺にとっての終結は、お前の頭をぶちぬ事だぞ」
「いつも僕は感じてた。何故、山縣が疾うにそれをしなかったのか、その理由を」
「で? じゃあその理由は何だ?」
「僕達が相思相愛だからだろ」

 山縣が銃を取り落とす。それを朝倉は拾い、逆に山縣へと銃口を向けた。

「望むなら、僕がいつだって殺してやる」
「残念ながら俺は死にたくねぇんだよ」
「だったら二人で藻掻こう」

 朝倉はそのまま山縣の背に手を回し抱き寄せた。
 そんな純情。恋愛なんていう甘味を舌に乗せ、曖昧に嗤う。

「愛、してる」
「知ってるっつの」
「だったら最後までお前に僕が付き合ってやることだって知ってるだろ?」
「ああ、そうだな」

 さぁ、堕ちていこう。これが二人の新たな関係の契機だった。