3:逆さまのてるてる坊主


 勿論僕が、溜まっていたのもある。それは確実だ。だが。

「っ、うあ、あ、も、もう……っ、ンあ――――!!」

 先ほどからずっと僕を後ろから抱きかかえて、乳首を嬲っている雨宮様の指先は、尋常ではなく甘い疼きをもたらしてくる。変態達は規則で僕の性器にさわることはなかったし、庄野様は、こういう愛撫じみたことはしなかった。要するに僕は、見習いの時の練習以外で誰かにこんな風に触られたことはないのだ。

 先ほどから雨宮様は僕の胸の飾りを緩急付けてはじいてはつまみ、優しく撫でながら、ピチャピチャと僕の耳へと舌を差し込んでいる。それだけで僕の陰茎は立ち上がり、とっくに先走りの液をこぼしているというのに、雨宮様はそれ以上のことは何もしてくれない。

「いや、いやだっ、うあ、あ」

 水音が響いてきて頭の中がそれ一色に染め上げられる。こんな快楽は、僕は知らなかった。ガクガクと体が震えるのが止められない。

 だがただ一つ思うのは、こんな風に焦らされるのでは、変態達にされているのとあんまり変わらないと言うことだった。僕はもう達したくて仕方が無くて、こんなの無理だと思った。だから気がつくともがいていて、必死に雨宮様の腕をふりほどきにかかった。

「は、離っ」
「うん、いいよ」
「あ、あああっ!!」

 すると急に陰茎を握られ、押し倒された。その刺激に射精しそうになったのに、根本をもたれていたからそれはかなわなくて、もう一方の手では、両手を頭の上で拘束された。完全にさらなる快楽を求めている僕の体は、もうどこを触られても熱くなっていくだけで、
涙が止まらなくなる。

「あ、あっ」

 首筋に雨宮様の吐息がかかっただけで、僕は喘いだ。

「もう少し静かにした方が色っぽいよ」
「ンあ――!! あ、あああッ!!」

 きつく鎖骨の少し上を吸われて、僕は悲鳴じみた声を上げた。小さく疼いていたんだが、その刺激すらも気持ちが良かった。

「演技が過剰なんじゃない?」
「いやっぁあッ、あ、ああ、で、出るから、ンあア!!」

 演技などしている余裕などあるはずがなかった。
 呼吸が凍り付いて肩のあたりが痛む気がした。兎に角体は熱くて訳が分からない。
 陰茎を手で上下に刺激され、そのままあっけなく僕は精を放った。

「――ふぅん。思ったより慣れてないみたいだ」
「……」

 呆然としすぎて僕は何も声が出てこなかった。まだ気持ちの良い開放感が体を支配しきっていて、頭が真っ白だった。だから雨宮様の呆れたような声を、布団に体を投げ出しぼけっと聞いていた。

「みたいだもなにも、全然知らないみたいだ」
「……」
「ここは客を楽しませる見世じゃなくて、客に楽しませてもらう見世だったのかな?」

 馬鹿にするような声だった。失笑しているのが分かる。
 その言葉で我に返った僕は、大失態をしてしまったと悟り、慌てて正座し直そうとした。

「も、申し訳あ――……ッ」

 謝ろうとしたのだが声がかすれた。その上、正座に失敗し、布団に倒れ込みそうになった。すると雨宮様が支えてくれた。お酌をしなければと手を伸ばそうとも思ったのだが、体に上手く力が入らない。

 雨宮様はそんな僕の体を優しい手つきで支えてくれている。それだけでピクンと肩がはねた。そうしていたら、吹き出すように雨宮様が笑った。

「歳はいくつ?」
「18です」
「老けてるね。もっと上だと思ってた」
「……」

 背が伸びてから、確かに僕は年上に見られることが多くなった。楼主様に、二十代後半と言われても通るかもしれないなと言われたこともある。その割に童顔だと言われるのだ。意味が分からない。

 それにしても癪に障ることを言うものだなと思った。だがそこで思い出した。
 僕は頑張って営業トークをしなければならないのだった。

「……あ、あの、雨宮様」
「何?」
「ぼ、僕は雨宮様とお会いできたのは、運命だと思っています」
「そうなんだ」
「はい。まだお会いして三度目ですが、確かに運命を感じました!」
「占い師にでもなれば?」
「……愛しています」
「愛されて悪い気はしないね」
「大好きです」
「それは良かった。何、体の相性が良かったって言うこと? 悪いけど俺の方は全然満足していないんだけど」
「す、すみませ……も、申し訳ありません。い、今から続きを……」
「別にもう良いよ」
「……あ、あの、また来てください、つ、次こそ……! また来てくださいね……?」
「そうだね。次は泣きわめいても許さないよ」
「っ、あ、ええと……いつ来てくれますか?」

 必死で僕が言うと、雨宮様が思案するように虚空を見据えて笑った。

「そうだな、次に雨が降ったらまた来るよ」



 その翌日、僕はてるてる坊主を作った。勿論、雨が降るように逆さにつるすのだ。逆さにつるすと雨が降ると、売られてくる前に教えてもらったことがある気がする。しかし空は快晴続きだった。晴れではない。快晴だ。雲一つ無かった。お日様が輝くたびに、僕の体は疼く。夜ごと、雨宮様の手のことを思い出してしまったりしている。早く雨が降らないだろうか。僕はそればかり考えていた。

 そしてやっと雨が降った。

 だが――雨宮様は来てくれなかった。
 結果、また僕は明日の夜から変態達の相手をさせられることになった。

 たった一回来ただけでは、また来てくれるか分からないからだ。三週間以上経っていたから、一ヶ月が経つ頃には、変態の相手をとずっと楼主様に言われていたのだ。明日はすぐに来てしまい、それは即ち今日である。僕は格子の中で、深々と溜息をついていた。


「ああ、いたいた」


 すると、なんと雨宮様の声が響いてきた。驚きすぎて目を見開きながら顔を上げると、相変わらずニコニコと笑っていた。



「ン、ぅ、う……フ……あ、あ」

 部屋で。
 今日も、雨宮様は、僕を後ろから抱きかかえて胸の飾りを嬲る。優しい刺激が辛くて辛くて、気づくと太股が震えていた。着物の合わせ目から片手を入れられ、もう一方の手では、今日は最初から陰茎を握られている。気持ちいい。気持ちよくておかしくなりそうだ。

「あ、ああっ、あ、ハ」
「随分と気持ちよさそうだね」

 図星過ぎて何も言えないし、何か言おうとすれば、全て喘ぎ声になってしまう。
 ただ胸を弄る手も下を弄る手もゆっくり過ぎて、酷くもどかしい。
 もっと強く刺激してほしかった。

「っ、ンぅ――ッあ、ああっ、んア」

 すぐにでも達してしまいそうになったのだが、ただそれには少しだけ刺激が足りなかった。もどかしい。もどかしいよ。

「あ、ああっあ、うあ、あ、や、イきたッ」

 結局このままではまた僕は焦らされて終わってしまう気がして、藻掻いた。コレでも堪えに堪えたのだ。焦らされることに僕は半ば恐怖すらしていたのだ。藻掻くと言うよりも、多分暴れたが正しい。雨宮様の手をふりほどき、僕は逃げようとした。すると強引に反転させられ組み敷かれた。

「うん、こういう方が燃えるな」

 その時、パチンと音がして、雨宮様が俺の口元で小瓶のふたを開けた。
 ――なんだろう?

「!?」

 目を見張っていると口元を手で押さえられて息をのんだ。鼻から甘ったるい香りが入ってきた。瞬間、全身が熱くなった。

「――うあああああ!!」

 何が起きたのか分からず、僕は必死で首を振った。熱い、体が熱い。気づくと肩がガクガクと震えていて、僕は無意識に自分の手を陰茎に伸ばそうとしていた。雨宮様はニコニコと笑っている。それを見た瞬間、僕の意識はいったん途切れた。

 次に気づいたとき、僕は深々と雨宮様のくさびで貫かれていた。僕は雨宮様の体の上に乗っていた。こんな体位、したことがなかった。だが、していた。僕は雨宮様の上で、体を揺らしていた。

「え、あ、嘘、何――」
「何って君が自分で乗ってきたんだけど?」
「え、あ、ああああ、深、深い、あ、ああああっ、ンあ――!!」

 そのまま下から突き上げられて、再び僕の意識は飛んだ。



 次に気がついたのは、翌日の昼間だった。僕は布団をかぶって寝ていた。
 もう雨宮様の姿はどこにもなかった。

 あれからどうなったのだろうかと、着物を整えて、おそるおそる廊下へと出てみる。
 全身が痛い。

 そんなことを考えていたら、遠くで、笑っている庄野様と秋桜太夫が視界に入ってきた。
 日中にいると言うことは身請けの相談に来たのだろう。体だけではなく、胸まで痛くなってしまったのだった。